吉見百穴(よしみひゃくあな)は、古墳時代後期の横穴墓群の遺跡で、1923年3月7日に国の史跡に指定されています。

特徴

凝灰岩の岩山の斜面に多数の穴が空いていることから、一見異様な印象を受ける遺跡です。穴の数は219個と言われ、このような遺跡としては日本一の規模を誇ります。穴の入り口は直径1メートル程度だが、内部はもう少し広くなっていることが多いが、これは、古墳時代後期(6世紀-7世紀頃)に造られたものであり、他の多くの古墳が土を盛った小山の中に1つだけ玄室が存在する構造であるのに対し、岩山の表面から数メートルの小穴(古墳の玄室に相当するもの)を多数掘って造られた集合墳墓です。多くの穴に古墳と同様の台座状構造があり、ここに棺桶を安置したとされています。なお、台座は穴によっては複数存在しており、このような穴には家族単位で葬られたものと考えられています。多くの穴の入口の周囲には段差状の構造があり、ここには緑泥片岩という緑色の石で作られた板状の蓋がはめ込まれていました。これは後から穴を容易に開閉可能とするものとされ、複数の台座状構造と合わせて同一の穴に追葬が行われたことを示すものと考えられています。場所の位置によって穴の並びが整然、不規則と各箇所で差があります。不規則な箇所は比較的初期に、整然と並んでいる箇所は後期に造られたものと考えられています。

岩山の下方には、ヒカリゴケが自生している穴があります。関東平野におけるヒカリゴケの自生地は非常に貴重であり、「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」として国の天然記念物に指定されています。

地下軍需工場跡

太平洋戦争中、この岩山の地下に中島飛行機の地下軍需工場を建設するため、岩山の最下部に大きなトンネル(直径3メートルほど)が碁盤の目状に掘られ、その出入口として吉見百穴には3ヶ所の坑口が掘り出されました。また、吉見百穴のすぐそばを市野川が蛇行して流れていましたが、軍需工場の前面に用地を確保するため、流路を西側へ移動する河川改修も合わせて行われた。この際、元から存在していた横穴が十数個崩されて消滅しています。これらの軍用トンネルの内壁は、ほぼ素掘りのままとなっています。夏期は涼風が吹き出すことがあります。

PAGE TOP