目、新しいフジテレビCM曲(Tver)は誰の何?曲は「さよならクレール」

Tver配信中にフジテレビの「目、新しい」というCMの曲が気になると話題です。

中毒性が高い曲で『誰が歌っていて何の曲なのか?』知りたいですよね。

結論からいえば、中村佳穂さんが歌う「さよならクレール」です!

一度聞くと耳から離れなれずループする「さよならクレール」、クレールの意味や由来についてまとめてみました。

この記事でわかること

フジテレビ「目、新しい」のCM曲は中村佳穂の【さよならクレール】

Tverやフジテレビの番組中に流れる「目、新しい」のCM曲が気になるとSNSでも声が上がっています。

フジテレビの「目、新しい」CMソングに使われているのは

中村佳穂さんの『さよならクレール』

という曲です☆

さすが、中村佳穂さん!めちゃくちゃいい曲ですよねー♪

フジテレビの目、新しいのCM曲に使われた「さよならクレール」が良すぎるとネット上でも話題にもなっています。

ただ中には、曲がエモすぎるのに映像(特にバラエティ番組の番宣)が合わないという声も。

しかしこのCMがなければ「さよならクレール」に出会えなかったかもしれませんよね!

【さよならクレール】クレールはフランス語で意味は「光」

中村佳穂さんの「さよならクレール」ですが、曲タイトルに「クレール」とありますがどういう意味なのか気になりますよね。

クレールとは

フランス語(claire) で『光』や『明るい』

という意味になります。

さよならクレールには「人と人の距離感や揺れ動く心の機微を繊細に捉え、他者を想うときに胸に去来するどうしようもない“切なさ”に心を寄せた」作品。

中村佳穂さんは曲のタイトル「さよならクレール」に

本当は分かりあいたいけれど難しい状況のもとで、自分が出したSOSが相手に気付いてもらえなくて、相手ももしかしたらSOSを出している。
相手に理解して欲しい合図を出すことが、モールス信号やホタルの光に似ていることから、フランス語の「光」を意味するクレールを使用した

と、ananウエブサイトでコメントしていました。

中村佳穂のプロフィールと経歴

名前:中村 佳穂
生年月日:1992年5月26日
年齢:29歳(2022年5月現在)
出身地:京都府
最終学歴:京都精華大学人文学部卒業

中村佳穂さんは、幼稚園の頃から「「歌も絵もとっても好きな人間で、好きすぎて、歌手か絵描きどっちかの職業になると思っていた」そうで、高校では吹奏楽部と美術部をかけ持っていたほど。

そして大学では、音楽を続けつつも美術も続けるつもりで美術大学を受験し合格していました。

しかし高校卒業間際に音楽と美術の両立は難しいと判断し、一年浪人をして「京都精華大学人文学部」に入学。音楽活動は大学在学中から始めています。

実は中村佳穂さんの音楽活動に対し、父親からは反対されていました。

というのも、中村佳穂さんのご両親は教師という職業柄もあり、大学卒業をするときには音楽活動を辞めて就職をして欲しいと言っていたほどだったのです。

ですが中村佳穂さんは、大学卒業後の2016年7月にファーストアルバム『リピー塔が立つ』をリリースし、野外音楽イベント『FUJI ROCK FESTIVAL』へ初出演します。

フジロックでは無名アーティストながら、45分ステージで100枚ものCDを売り上げたのです。

着実に音楽業界に認められる存在となってきた中村佳穂さん、2021年には細田守監督の『竜とそばかすの姫』主人公・すず/ベル役の声優として抜擢。

また『竜とそばかすの姫』の劇中歌のボーカルにも選出されたことは、みなさんも記憶に新しいことでしょう。

ベルの歌声には圧巻でしたよね。

細田監督が「彼女こそ、すず!」と歌声や存在感を大絶賛した気持ちも分かりますよね~。

まとめ

フジテレビの「目、新しい」CMには中村佳穂さんの「さよならクレール」が使用されています。

中村佳穂さんの独特な歌声に元気も出ますし、何度もリピしたい曲ですよね。

CMで中村佳穂さんを知った方は、ぜひこれからも中村佳穂さんを応援していきましょう~☆

こちらの記事も人気です↓↓↓

この記事でわかること
閉じる