派谷恵美(『渇き』オダギリジョーの妻役)のWikiや経歴!現在は女優引退?

映画「渇き。」が話題になっていますが、オダギリジョーさんの妻役が誰なのかと話題になっています。

中島哲也監督の渇き。に出演していたオダギリジョーさんの妻には女優の「派谷恵美(はたちやめぐみ)」さんが演じられました。

派谷恵美さんはモデルや女優として数々の作品に出演していましたが、現在はあまりみかけられません。

この記事では「派谷恵美(『渇き』オダギリジョーの妻役)のWikiや経歴!現在は女優引退?」と題しまとめていきます。

この記事でわかること

派谷恵美のWikiプロフィールや経歴!

女優の派谷恵美さんは、1999年に芸能界デビューをしています。

さっそくプロフィールや経歴をみてみましょう!

派谷恵美のWikiプロフィール

名前:派谷恵美(はたちやめぐみ)
生年月日:1985年8月12日
出身:千葉県
職業:女優・モデル
スリーサイズ:B83cm W58cm H85cm

派谷恵美さんは身長171㎝と高身長でスタイルの良さから、グラビアだけでなくドラマや映画・CMにと新人ながら活躍の場を広げていました。

デビュー時はオフィスASOBOに所属。

デビュー翌年には映画「非・バランス」の主演に抜擢。

初々しい派谷恵美さんもかわいらしいですよね。

2004年の第23回ヨコハマ映画祭では最優秀新人賞も受賞しています。

その後2008年よりブロッサム・エンターテイメントに事務所を移籍しました。

派谷恵美の経歴

これまで派谷恵美さんの出演した作品です。

【テレビ】
私立探偵濱マイク – カオル役
危険な関係 – 矢内理沙役
文部科学省・国際物理年ドラマ『まだ見ぬ人よ』 – 主演・茶畑美花役
美しい罠 – 岡本加奈子役
鉄道捜査官9- 里見保恵役
禁じられた遊び〜ロマネコンティ
お厚いのがお好き?

【CM】
不二家 LOOKチョコレート
四谷学園
NTTドコモ東海 W応援割引
ワーナー・ランバート パブリシャス
三井住友銀行
東レ TOREXシルック
日本ケンタッキーフライドチキン レッドホットチキン
花王 バブ
メントス
JT「Roots」

【映画】
非・バランス 主演・松本チアキ役
世界の終わりという名の雑貨店 – 古井茜役
きょうのできごと – 希役
Girlies
パセリ – パセリ役
ヘアスタイル〜マッシュルーム – 吉井恭子役
シムソンズ – かすみ役
渇き。 – 愛川の妻 役
くらげとあの娘 – 森下有希役
ひかりをあててしぼる- 谷中智美 役

派谷恵美さんといえば映画「ひかりをあててしぼる」で、狂気的な妻役を演じファンを魅了。

実際の事件をもとにした作品となっており、共演には忍成修吾さんでしたがどちらの演技も怖さが際立っています。

派谷恵美さんは、壊れていく妻の様子を熱演していますが儚さと狂気をあわせもったすごい作品です。

中島哲也「渇き。」でオダギリジョーの妻役

派谷恵美さんは、中島哲也監督の映画「渇き。」にも出演しています。

渇き。ではオダギリジョーさん演じる刑事・愛川の妻役。

映画「渇き。」は、あまりにもグロテスクなうえに暴力的ということでR15指定(R15でもどうかと思うぐらい)にもなっています。

そのため、中島哲也監督は公開後に公式ホームページで直筆謝罪文を発表したほど。

人間の愛と、憎しみの感情は決して対極にあるものではない。
日々を生きながら、そして「告白」という映画を作りながら強く感じだその気持ちは、僕の次なる映画のテーマになりました。
映画「渇き。」
僕が初めて、どうしても撮りたい、撮らなければならないと思った映画です。
この主人公は、暴力でしか人とつながれない。
でもつながった途端、その人を傷つけ、壊し、失ってしまう。
そんな人間の孤独は悲劇であり、喜劇です。
ロクデナシの父、藤島とアクマの娘加奈子の愛と憎の物語をぜひ劇場でご覧ください。
グロ過ぎたら、ホントに申し訳ありません。

ですがグロいだけでなく、この「渇き。」で派谷恵美さんは、中島哲也監督や制作側からバストトップの露出を強制されたとも告発。

オーディションの前に脚本を読んでおり、レイプシーンがあることは承知していました。しかし、当時所属していた事務所とは『バストトップが露出されるヌードシーンのある作品には出演しない』という契約を結んでいた。バストトップの露出はNGという前提のもとオーディションに参加していました

引用元:文春オンライン

派谷恵美さんは、脚本の内容や役の設定について大丈夫と解釈しており、露出について了承するつもりではなかったそうです。

オーディションの段階では、監督や制作側からバストトップの露出があるとは伝えられてもおらず、またクランクインの前には事務所から制作側に露出はNGと連絡してあることも聞いていたとのこと。

しかし撮影日になると衣装係から「ニップレスを外してください」と言われたため、撮影を拒んでしまったのですが、制作・プロデューサーを務めた鈴木ゆたか氏から「1日撮影を止めると300万円の損失が出る。どう責任を取るつもりか」と脅迫まがい。

さらに中島哲也監督からは、「編集時に派谷恵美さんと事務所関係者に参加してもらい不都合なシーンはカットする」と撮影をお願いされたため撮影を行ったそうです。

ですが、試写会ではバストトップが露出したシーンを晒され関係者100人近くが見ていたことに、派谷さんは大きなショックを受けてしまったのです。

派谷恵美の現在は女優引退?

派谷恵美さんには多くのファンがおり、出演される映画やドラマを待ちわびていました。

しかし近年では派谷恵美さんの姿が見られずどうしたのかと思っていましたが、心労やストレスで体調を崩し、現在は女優活動もしていないようです。

誰も信用できなくなり、人と距離を置くようになりました。無気力になり、部屋に籠ってベッドの上で何日間もじっとしていました。何も食べられなくなり、お風呂にも入れなかった。頭が痒くなり、掻きむしると髪がごっそり抜けて血が出ました。ネットで自殺の方法を調べるようになり睡眠導入剤や風邪薬を缶チューハイで流し込んだ

引用元:文春オンライン

とても魅力的な女優さんだっただけに残念でしかなりません。

この記事でわかること
閉じる